クルートの際の説明用の資料としたり、取引先を獲得するための営業ツールとして、さまざまな場面で会社案内は利用されます。そんな会社案内デザインの制作には、コツがいくつか存在します。
まず、案内に何を載せたいか、一番アピールしたいものは何かということをきちんとリストアップしておくことが重要です。情報量が多いと、それだけ見ている方も目移りしやすくなってしまうため、記憶に残りやすいキャッチコピーや、特に知ってほしいポイントを絞り出しておきましょう。その際に、ターゲットをきちんと定めておくことも大切です。新規取引先の獲得、リクルート用など、見せる相手のことを想像しながら制作すると良いでしょう。自然と、伝えたいことがまとまりを持ってきます。目的によって、会社案内デザインも変わってきます。文字の大きさやフォントなどにもこだわりを持つと、さらに見やすくなります。
また、会社案内デザインに統一感を持たせるために、イメージカラーを決めておきましょう。たとえば、パステルカラーなら優しいイメージが出来ますし、青・白などできっちりとまとめていると誠実なイメージとなります。自分たちの会社のイメージカラーがある場合は、その色を積極的に使用すると、見た人の記憶により残りやすくなります。
自分たちの会社が何をしているかをしっかり伝えるために、会社案内デザインは大きな役割を果たします。デザインに工夫を凝らして、目に留まりやすいものを制作しましょう。リクルートの際の説明用の資料としたり、取引先を獲得するための営業ツールとして、さまざまな場面で会社案内は利用されます。そんな会社案内デザインの制作には、コツがいくつか存在します。

会社案内デザインとは会社の情報をデザインするということです。どの情報を載せて、どの情報を載せないのかといった情報の取捨選択や、情報の優先順位を考えることが欠かせないのです。会社案内デザインで欠かせないものとしては、会社の名前、会社のロゴ、会社の理念やコンセプト、何をしている会社なのか、そして、地図や住所があります。
当然会社の名前がなければ、会社案内とはいえませんから会社の名前は必要です。ロゴは会社のイメージを表します。こういう会社でありたいという願いを込めたものから、名前をデザインしたものまで様々ありますが、会社のロゴでその会社を判断することもありますから、ロゴがあるなら使いましょう。
会社の理念やコンセプトは、こういう会社でありたいという会社の願いです。どんな思いを持って会社を作り、活動しているのかそのことを知ることによって、その会社を応援したいとか愛社精神とかがうまれてくるのです。成文化された言葉があればそれを載せるのもいいですし、社長の言葉や会社の沿革などもこれに当たります。またコンセプトにマッチしたイメージ写真やイラストを合わせてのせるのもよいでしょう。
何をしている会社なのかわからなければ、会社案内の意味をなしません。何を作っている、売っている、どんなサービスを提供しているといった情報を多く載せましょう。製品やサービスの写真をたくさん載せることもできます。会社案内デザインの要となるところです。ただ、会社によっては多角化経営で製品やサービスが膨大になることもありますので、情報の取捨選択が必要になります。
最後に住所や地図です。地図は意外とデザイナーさんがこだわるところです。必ず会社に到着するようにポイントを押さえて、簡単に書くというのは意外と難しいものです。しかし、ユーザビリティ向上のためには必須のものです。

会社案内は会社にとって重要なパンフレットです。
営業担当者は、新しい顧客に対して会社の説明を行う時、会社案内を利用する事で話をスムーズに進めて行くことが出来るようになります。
また、会社案内を受け取った側は、パンフレットに記載されている内容について冊子を見る事で確認を行う事が出来るなどメリットが有ります。

会社案内は単に会社の情報を箇条書きにするのではなく、読み手の立場に立ち、会社案内デザインを作り出す必要が有ります。
会社案内デザインは、製作会社などに依頼をしてデザインを作り上げ、ページレイアウトを作成していく事になりますので、製作費と呼ばれる、避けて通れない費用が必要になるのです。

この製作費と言う物は、製作会社により様々であり、値段としてはピンからキリまであるわけです。
会社案内デザインの費用と言うのは、会社の宣伝費として経費で賄われることになりますので、予算というものがあり、予算内で収める事が重要とされます。

安かろう、高かろうでは困りますが、会社案内デザインは価格に見合った形で有るのが望ましく、幾つかの制作会社を探し出し、過去事例や見積り金額などを比較をして自社に合った会社案内デザインを作り出してくれる制作会社を見つけ出すことも避けては通れない一つでもあるのです。

また、会社案内は期日までに完成していないと支障を来すこともありますので、会社案内デザインを製作する会社は納期を守り製作を行ってくれると言った実績を持つ会社を選ぶ事が大切なのです。
会社案内は会社にとって重要なパンフレットです。